チコママのガーデニング日記です。只今更新お休み中ですが元気にしてますのでご心配なく。過去の記録でお楽しみください。


by チコママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

庭仕事における身の上話 ?

私はロザリアンと言うほどではないけれど、やはりバラが好きです。
最初に育てたのはもう10年近く前になりますが 狭い庭にツルバラや鉢でいろいろ育てたりしました。
最初は教科書を見ながら一生懸命でした。
消毒も数種類の殺菌殺虫剤を噴霧器で散布していました。

2000年に乳がんになり、患部と脇のリンパ節を沢山切除した後、ドクターから「患部側の腕は大事にするように」と注意を受けました。
リンパ節を切除している為、ばい菌などをシャットアウト出来ないので 怪我、傷、日焼け、重いものを持つなどは厳禁とされています。(浮腫になると完全には元にもどらないそうです)
そうは言われても治療が終わってしまえばほとんど実感が無く、たいして気にも留めずに庭作業をしていました。

ある時、ツルバラの剪定をしていて手の甲にちょっと傷がつきました。作業し難いので皮手袋はしていませんでした。今まではトゲを刺したってへっちゃらでした。
でもその時、甲の血管(の一部ではありますが)が紫色に腫れ、今までと違う事を思い知りました。(すぐ消毒をして異常は出ませんでしたが)
自暴自棄になって そのツルバラをばっさり切り落としてしまった情けない私でした。
しばらくはバラを育てるのはやめてしまいました。

でも やっぱりバラが恋しいのです。

そして私が選んだ道は 「私に育てられるバラを選ぼう」と言う答えです。
オールドローズは魅力的ですが鋭いトゲがあって作業に不向き。
モッコウバラやサマースノーなどはトゲがなく安心です。
トゲがあっても扱い易いものは導入します。

また、健康な人ならなんの問題も無い 殺虫剤について。
細胞の一部に欠陥を生じてガンを発生してしまった身体を添加物や化学薬品で汚染させたくない という意識。

食べる物は出来る限り添加物を避けたいと思っていると同時に、育てる植物に対しても薬品は最低限にしたいと思っています。
その為には、植物の自然な力を引き出す方法を取り入れたいと思います。
またその為に見栄えが悪くなってもあまり気にしない事。
大量に薬を使わなければ育たないものはこの庭に合わないのだと諦める事。
四季咲きのバラは梅雨時の管理が大変でストレスになるので一季咲きが良いかな~。

そんな折り、世間でも地球環境を守る為、天然成分を使った育て方が研究されているようです。
ネットで自分に合った情報を取り入れ、私なりのやり方で育ててみたいと思っています。

「地球を守る」 
ちっぽけな私に何が出来るのだろう って思っていたけど、
地球の一部である自分を健康にする事が、地球が健康になる事なのだな~って今気がつきました。
[PR]
by vent_de_vert | 2007-05-02 01:11 | その他